椎間板ヘルニアの予防

椎間板ヘルニアの予防

椎間板ヘルニアの予防にはどんな事をすればいいのでしょうか?腹筋や背筋運動も効果的ですが、もっと気軽に始められる腹式呼吸がお勧めです。横隔膜を上下に動かす呼吸を腹式呼吸と言います。

 

そう聞くと難しそうに感じますが、誰でも簡単に始められる簡単な方法です。腹式呼吸のメリットは、腹腔内圧のアップや腹筋の強化につながるという事です。椎間板ヘルニアと病院で診断されると、腹筋や背筋運動をお医者さんから勧められます。

 

しかし、腹筋・背筋運動は体力が必要になりますし、長続きしない方が多いのです。腹式呼吸ならば、やり方をマスターしてしまえば、仕事の合間や電車での移動時間でも気軽に行う事が出来て、腹筋や背筋運動ほど体力も必要とせずに行えます。

 

椎間板ヘルニアだけでなく、腹式呼吸を行う事で、便秘の解消や冷え性の解消、リラクゼーション効果も期待できますし、自律神経が調整されたり、ダイエット効果もあるのです。

 

椎間板ヘルニアを予防するための腹式呼吸のやり方は、

 

1、目を閉じて、片手をおへその下あたりに置いて、そこを意識します。
2、息を一度だけ吐き出します。
3、1で手を置いたおへその下を意識しながら、ゆったりと深く、大きく息を吸い込みます。
4、お腹の中のすべてのものを吐き出すつもりで、お腹がへこむまで、お腹から全部息を吐き出します。

 

1〜4を繰り返してやります。1日10分ほど、座って行うのが理想ですが、まずは気軽に行ってみましょう。

 

 

コルセットや腰痛ベルトの選び方

もしも通院している病院や整骨院、接骨院などでお勧めしている商品がありましたら、そちらを購入するのも良いでしょう。ただし、本当にそこの医院の医師がちゃんとした理由があって、お勧めしているものに限ります。ただ単に、そういう医療用具を販売することでマージンを貰っているだけの商品であっては、ご自分で選んだほうが良いかもしれません。

 

さて、その選び方ですが、これまでに購入したことがあるというかたは、どのようにして選びましたか?選ぶコルセットは、ヘルニアの痛みがある部分や、その痛みの程度によっても変わってまいりますので、一概には言えません。

 

ですが、日常的な生活を出来るだけスムーズに送れることを目的として選ぶとしたら次のような基準で選んでいただきたいと思います。まず、最近、とても人気が出てきているのが、これまでの一段タイプではなく、二段タイプのものです。

 

腰部分とおしりの部分と二段になっていることで、ずれにくく安定感があります。二段タイプは、高価なものが多いですが、ヘルニアの痛みを和らげて、日常生活をスムーズにさせてくれるものですから、本当に良いものを一つや二つ持っていると良いと思います。

 

そのため、日常生活に支障が出るようなものではいけません。それでいながら、腹圧を逃さずに、しっかりと固定できるものが最適です。夏などでも不快にならないように、通気性が良いものが良いですね。そして、一段のものを選ぶのでしたら、ちょっとした動作でズレないものを選ぶようにしてください。